BLOG

ブログ

  • 管理者より
  • 2019.12.12

BONX mini お試し中

脳神経内科 脳血管内治療 カテーテル BONX mini

最近学会などでよく話しています、装着型通話端末を使った脳卒中の診療支援。

 

我々は2017年からBONXのBONX GRIPを使っています。

 

これ、スマホのアプリで起動、ネットに繋がっていれば世界中どこでも30人まで繋がれるという、優れものなんです。

 

これに新型登場!

 

『BONX mini』

 

脳神経内科 脳血管内治療 カテーテル BONX mini

 

 

最近トライアルで使わせてもらっています。

 

下の写真の奥がBONX GRIP、手前がBONX mini。

 

脳神経内科 脳血管内治療 カテーテル BONX mini

 

みたらわかる、著しい軽量・小型化デス。

 

GRIPはホールド感、防音機能などに優れてますが、臨床現場ではさほど大事な要素ではないですね。

 

今回のminiは

「目立たず、適度の装着感」

でマスクやキャップの邪魔にならず、まさに医療向け。

 

患者さんにもあまり目につかないのがいいですね。

 

1回の連続使用時間は3時間ほどでやや短いですが、ケースで充電可能と今どき。

 

これまでのBONX Gripと併用すれば、まさに「seamless」で繋がれます。

 

しばしこれ使ってみます。

 

『世界は僕らの仕事場だっ!』

 

ご興味ある方はご覧ください。

 

BONX

『BONX mini』のクラウドファンディング

 

 

脳神経内科 脳血管内治療 カテーテル BONX mini