BLOG

ブログ

  • スタッフから
  • 2016.08.02

縁の下の力持ちより その2

医療ソーシャルワーカー(MSW) 原 朱里 (はら あかり)

脳血管センターが大切にしている「とめない診療」を進めるには、次々に入院される患者さんを受け入れられるだけのベッドが確保出来ていなければなりません。

そのためには、すべての患者さんに急性期治療が終了したところでタイミング良く退院、転院して頂く必要があります。

 

「当院でできるだけ診てもらうのが安心」とお話しされる患者さんも多くいらっしゃいます。

しかし、急性期治療がひと段落したら、急性期病院の何倍も時間や人手をかけてリハビリテーションを行う回復期リハビリテーション病院にスムースに移ることが、患者さんの回復にとって大事です。

このあたりを患者さんや家族に理解していただけるよう、丁寧にご説明してゆくことが大切だと考えています。

 

また、患者さんの受け入れ先となる回復期リハビリテーション病院や療養型病院との連携も非常に重要だと実感しております。

 

転院相談をする際には、はじめて相談した時から状態がかわっていることもあるため、情報提供を密に行うよう心がけています。

 

また、複雑な社会背景を持った患者さんもいらっしゃるため、移動先の調整とともに必要な社会背景等の調整も行い、患者さんに適した環境が整備できるように努めています。

 

もちろん急性期病院の入院期間でできる調整は限られるため、転院先のMSWに引き継ぎを行うことで、転院後もゴールに向けて進めるように連携を強化しています。

 

以上、2回に渡ってお伝えしてきましたが、私たち“縁の下”が大事にしていることは

 

  • 目の前にいる患者さん一人ひとりに対して丁寧な支援を行うこと
  • 的確な転院先をご提供するため、転院先の病院と顔のみえる良い連携を築くこと

 

です。

 

それが急性期から回復期へ、継ぎ目のない診療を必要とする患者さんを救うことに、さらには「とめない診療」に繋がると考えています。

 

これからも脳血管センターのチーム医療にぐいぐい関わらせて頂き、患者さんの支援を続けていきたいと思います。

 

その1へもどる