BLOG

ブログ

  • 学会の活動
  • 2020.07.31

第6回軽井沢脳血管内治療セミナー

神谷 雄己

最近時々みかける、ZOOMによるセミナーや研究会の遠隔開催。

今年の軽井沢セミナーは残念ながらこれに当てはまってしまいました…

 

いつもと違うのは、半日のみ、特定のテーマは設けられず演題内容はフリー。

午後スタートで、血管解剖から最新の話、いま自身が考えている疑問など、多彩な26演題。

 

案の定議論白熱、やっぱりうまく発表できない、お子さんの声がはいりまくりなど、予想通りのハプニング。

 

おしまくりで最終的には20時過ぎまでやっておりました。

 

でもこのくらい想定内です。

 

今回は、グラレコ(グラフィックレコーディング)という新たな試みも。

 

(自分ってこんな風にみえてるんだ)

(あの先生、そっくり ( ̄m ̄〃)ぷぷっ)

 

と、新しい楽しみもありました。

楽しみつつ、サマリーを記録できるとは、なかなかの優れモノですね!

 

血管内治療の話に没頭するのは、ここ最近ではなかなか得られなかった貴重な時間。

おなかいっぱいの満足感(と疲労感)たっぷりでした。

 

開催側はいつもと違う面倒が多かったと思います。

筑波本部のみなさん、お疲れさまでした。

 

来年こそは軽井沢で、血管内治療の話と思い出で、おなかいっぱいになりたいですねっ!!