BLOG

ブログ

  • 病気のこと
  • 2016.03.17

血栓

緊急カテーテル(血栓回収術)の現場から

これ、写真ではなんなのかわからないですよね。

 

実は先日行った緊急の血管内治療でとれた血栓です。

脳の血管を詰まらせた張本人です。

大きさでいうと3mm程度とほんとに小さなものです。

 

しかし、これによって脳梗塞に陥った患者さんの症状は極めて重く、まったくお話ができない(全失語)、右上下肢の完全麻痺で搬送されてきました。

そう思うと、急にこの血栓が憎たらしくなってきますよね <(`^´)>

 

実はこの血栓をとるのはかなり大変でして、最近で一番難航しました。

そう、まさに血栓との決戦でした…

 

最終的には写真のように血栓を回収でき、幸い来た時と比べて脳梗塞は大きく増えていませんでした。

なんとか間に合ったかと思っております。

合併症、再発に注意しながらリハビリして、患者さんの回復を待ちたいと思います。

 

この患者さん、実はかかりつけの先生から予防のお薬が処方されていました。

しかし時々飲むことを忘れてしまっていたそうです。

こんな血栓ができてうちに運ばれてこないよう、かかりつけの先生方と連携を取りながら、粘り強く予防の重要性を患者さんにお話ししていかねば、と強く再認識した治療でした。