BLOG

ブログ

  • 学会の活動
  • 2017.10.29

8th Korea-Japan Joint Stroke Conference

いよいよきました、8th Korea-Japan Joint Stroke Conference!

 

というか、きてしまいました…

 

果たして私のEnglish、伝わるのか?
ドキドキです。

 

で、なんで写真が、京都第一赤十字病院 脳神経・脳卒中科の今井啓輔先生との2ショットか?とお思いでしょう。

 

実は、行きの新幹線の通路はさんで反対側に、なんと今井先生が!

 

今井先生には、私が血管内治療を勉強したてのころから、
「としき君」(今井先生は以前教えていたとしき君という先生に私が似ているようで、そう呼びます)
といって、可愛がってもらっております。

 

でも、さしでの時間ははじめて。

 

実はお互い、翌日以降の発表が気になっていたものの、せっかくなのでホテル到着後の21時から飲みに。

 

実に最高の時間でした!

 

内科出身で脳血管内治療をされる先生は、最近増えてきていますが、今井先生のところのように、神経救急の立場から、神経内科医としての視点を大事にして診療されているチームは決して多くありません。

 

まさに私が目指しているスタイルを実践されているチームです。

 

その診療の心得、教育の極意など、いつもの今井節で、熱く語って頂きました。

 

貴重な時間、本当にありがとうございました。

 

で、発表の方もなんとか無事終了。

 

座長の山梨大学 脳神経外科の木内博之教授から

 

「みな、先生のところのシステムを、いつも参考にしてるよ。」
「引き続きがんばってね。」

 

とまあ、なんとももったいないほどのお言葉を頂きました。

 

実は、院内時短システム作り、まだまだこれでゴールではありません。

 

新たな展開を企んでいますので、ご期待ください!

 

 

おまけ

最近、学会や講演にいっても、ほとんどご当地を楽しむ時間がとれませんでした。

 

今回は、せっかくなので、お昼にご当地グルメへ。

 

杏林大学の天野達雄先生に教えてもらった、「タレかつ丼」いってきました。

 

うまっ!
こんなかつ丼があるとは!

 

味わいつつ、故郷のみそかつ丼、久々にたべたいなーと思いました。