BLOG

ブログ

  • 学会の活動
  • 2017.05.30

COVER-JAPAN

5月20日、COVER-JAPANで講演して参りました。

 

講演前には、J&Jの血栓回収デバイス、REVIVEのハンズオン。

 

みなさん、本当に楽しそうに、真剣に、血栓回収してました。

普段は緊迫した空気のなか、やきもきしながらやる手技が、なんだか違ったものにみえます。

現場でも、そのくらいの心持ちが、案外いいのかもしれません。

 

そして第一部では、日医の木村和美先生がtPA、兵庫医大の吉村伸一先生が血栓回収、西湘病院の竹内昌孝先生が実際の治療について、ご講演。

 

さすが、第一人者の先生方。

 

「○分でわかるtPA&血栓回収」ごとく、めっちゃくちゃわかりやすくお話しされました。

 

当院のスタッフみんながこの話を聞いてくれれば、私が説明するよりいいのでは?というほどのわかりやすさです。

勉強になります。

 

第2部。

 

東京医科大学八王子医療センターの方々のお話しに引き続き、我々の出番です。

 

がっ!!!

 

私、神谷、そして高松と連続での機械トラブル!

 

(こいつら、こんなばたばたで、ダラダラで「時短」語るなよ)

 

という失笑が聞こえてくるのでは、というほどに開始に時間がかかってしまいました。

 

会場のみなさま、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

 

ただ、

(こんなことも時短にはつきもの)

と、どこ吹く風で、私の十八番「どこでも時短」について、熱弁してまいりました。

 

少しでも皆様の施設の時短に役立てば幸いです。

 

懇親会では、木村先生と、さらには木村先生のご子息を交えて、お話しする機会を頂きました。

 

こんなことを言って頂きました。

 

「(神谷)先生が100人いたら、日本の脳卒中は変わるよ」

と。

 

大変うれしい限りのお言葉でしたが、

(俺が100人いたら、鬱陶しいだろうな…)

と、ひとり想像して、げんなり。

 

ひとりで十分の私ですが、ひとりでもできることをコツコツと行ってまいります。