BLOG

ブログ

  • 学会の活動
  • 2016.08.16

第2回 軽井沢脳血管内治療セミナー

軽井沢プリンスホテルにて

軽井沢で行われました、松丸師匠主催のセミナー、軽井沢脳血管内治療セミナーに参加してまいりました。

 

2泊3日のセミナー。

中日のお昼にはツーリングで上田城見学などというとんでもない企画も用意され、なにが起こるかわからない雰囲気…

 

自転車とはとんと縁のない私は不参加で逃げ切りましたが、参加者の中には完走できない方続出だったようです(・。・;)

 

さて、肝心のセミナーはといいますと、やはりこちらも通常とは違う雰囲気…

 

この手のセミナーでは定番の治療困難例や合併症の報告はあまりなく、

「最近自分はこんなことを考えている」

「こんなことしている。それをこの機会に検討してみました」

など、日頃の診療でのギモンに対する答えを模索するといった毛色の発表が多くみられました。

 

私自身も、急性期再開通療法の2大達成目標である

 

  • 有効な再開通
  • 迅速な再開通

 

この2つを克服してしまった後にはなにが効いてくるのか?

という挑戦的なものにしてみました。

 

ただ、これも先日の血管内関東地方会から秋の学会シーズンに向けての延長線上のテーマでして、他の方々の興味深く、そそられる発表には到底及ばなかったなと感じました。

 

通常の学会とは違った視点で来年のテーマを選んでみたいと思います。

 

来年はさらに楽しい発表を目指します!

 

また、夜の松丸部屋懇親会では、新旧の虎の門同門が、過去や未来について楽しく語り合いました。

本当に素敵な時間でした。

 

今後ますますユニークなセミナーになっていくことを願っております。

 

来年も参加します!