BLOG

ブログ

  • HOME
  • ブログ一覧
  • 第6回Stroke Neurologist(ストローク ニューロロジスト)研究会
  • 学会の活動
  • 2015.12.17

第6回Stroke Neurologist(ストローク ニューロロジスト)研究会

脳神経血管内治療を行う内科医の研究会

12月12日 品川で開催

この研究会は、恐れながら私が代表を務めさせて頂いております研究会です。

 

私は脳神経血管内治療を行う脳神経内科(神経内科)医ですが、実は全国的にもそのような医師は多くありません。

およそ1000人いる脳神経血管内治療専門医の多くは脳神経外科の先生方で、内科系の医師はおよそ5%程度しかいないのです。

 

内科医のこの領域への参入は比較的歴史が浅く、これまで脳神経外科の先生方が苦心して発展させてきた領域です。

私のお師匠さん(虎の門病院 松丸祐司先生)、兄弟子(筑波大学 鶴田和太郎先生)も脳神経外科医です。

 

外科の先生方は本当によく勉強され、修練されております。

 

少数組の我々内科医も外科の先生たちにおいていかれないよう、みなで集まって勉強し,親睦を深めてゆきたいと願い、湘南鎌倉の岩田先生とともにこの研究会を立ち上げました。

 

関東甲信越で脳神経血管内治療に携わっている内科系の先生方に集まっていただいています。

今では会員54名、うち専門医が24名と、この地域のほぼ全ての先生方にご参加頂けるようになりました。

 

この会の最大の特徴は、なんといっても研究会後の自腹親睦会です。

つまり、ただの飲み会です。

 

研究会はその後に立食形式の情報交換会が行われるのが通例です。

でも、自腹こそが真の親睦が深まるベストの懇親会だと思い、これまで6回、参加の先生方には身銭を切ってもらい親睦を深めてきました。

 

それが冒頭の写真です。

どうですか?

みなさんいい笑顔ですよねっ!!

 

大学も研修した施設も異なるメンバーですが、2年間でほんとに気の置けない仲間となりました。

 

本会は熱意さえあれば会員になれます!

 

関東甲信越の施設にお勤めで、脳神経血管内治療にご興味をお持ちの内科医や研修医の先生方。

 

いつでもご連絡ください!