BLOG

ブログ

  • 管理者より
  • 2017.09.13

湾岸リハビリテーション病院十周年記念祝賀会

とてつもなく広い会場!

さらに、なんとミッキーがっっ!!!!

 

なんてゴージャスな祝賀会なんでしょう。

 

湾岸リハ、ならびに近藤 国嗣院長の底力を感じずにはいられません。

湾岸リハは、臨床、研究ともに、とてつもない熱意をお持ちの、素晴らしい回復期リハ病院です。

 

私や親族が万が一のさいには、是非とも湾岸リハにお世話になりたいと、冗談でなく思うほどです。

ですので、当院からはやや距離がありますが、急性期後の患者さんのリハビリを結構お願いしています。

 

湾岸リハには、私の仲の良い神経内科出身のリハ医、松浦 大輔先生がいらっしゃいます。

 

私もお世話になった熊本済生会病院で、神経内科医として急性期治療もバリバリしていた、異色のリハ医。

全国的に数少ない、貴重な存在です。

 

彼との関係で、病院訪問して講演をさせて頂いたり、近藤先生と豊洲で居酒屋飲みにいったこともあり、素敵な関係を築けています。

 

実は、松浦先生、10月から彼の地元、広島の病院に異動するそうです。

本当に残念…

 

ただ、彼なら必ずや新天地で最高の診療をしてくれることでしょう。

どっからでも応援しています。

 

神経内科医は、様々な神経疾患の診療を学ぶ必要があります。

もちろん、脳卒中もその一つです。

 

ただ、今の神経内科研修のなかで、十分でないと感じている分野があります。

 

  • 神経救急
  • リハビリテーション
  • 神経精神

 

です。

 

うちの若手には、これらの分野もしっかりと研修できる環境を整えてあげたいと思っています。

 

 

最後に

おっさんばかりのテーブルにも関わらず、嫌な顔ひとつせず写真を撮ってくれた、ミッキーに感謝いたします。