BLOG

ブログ

  • 管理者より
  • 2016.12.17

院長賞 いただきました!

病院忘年会にて

先日、昭和大学江東豊洲病院の病院忘年会がありました。

 

そこで、わが脳神経内科が、本年の院長賞をいただきました。

 

ありがとうございます!!!

 

ただ、院長から頂いたはじめのおことばは、なんと

 

「医師の勤務体制の改革について、大変貢献してくれた。」

 

でした。

 

あれっ???

 

もちろん、今年の実績を総合的に評価してと、そののちに十分お言葉頂きましたが、勤務体制の評価がはじめにくるのは、嬉しいんだか、切ないんだか・・・

 

ご存知かもしれませんが、当院は土日でも平日同様の診療を行う、「土日週日化」を掲げています。

 

ただ、医師にとって、特に大学病院で働く我々にとっては、週日化はこれまでまったく経験のない未知の領域。

「医師もシフト組んで診療しましょう」っていわれてもまったくピンときません。

 

でもせっかくの機会なので、脳神経内科では、

 

「シフトで医師だって勤務できる」

 

と、これまでの概念をいったん捨ててその実現に取り組み、私も医師のシフトを考える院内のワーキンググループにいれて頂いております。

 

脳神経内科のメンバーの理解のお陰もあって、最近では上手くシフト組めるようになりましたし、かといって時間外労働が増えることなく、

 

「医師でも休む時はやすむ」

「勤務中はばりばり動き、だらだら仕事しない」

 

と、メリハリのついた診療ができてきています。

 

確かにうちの病院は、どの診療科もかなりがんばっていますので、診療だけでは甲乙つけられません。

 

ですので、うちの診療スタイルの改革を一番に評価頂いたのかなと思います。

 

せっかくの若いチームですので、診療はもちろんのこと、来年もいろいろな方面でどんどん改革していこうと思っております。