BLOG

ブログ

  • 管理者より
  • 2016.11.16

Raul G. Nogueira先生と

国循 山上 宏先生の計らいで、TTST期間中にEMORY大学Nogueira先生と内科系脳神経血管内治療医の有志で、講演会&懇親会が行われました。

 

私も参加させて頂きました。

 

はじめに20分くらいNogueira先生のご講演。

 

急性再開通療法の現状と今後を大変わかりやすくまとめてくださったものでした。

 

通常のご講演よりは、いまの先生の実直なお考えが多く盛り込まれたものでした。

先生の熱意がもろに伝わってきました。

 

その後、食事しながらの懇親会へ。

Nogueira先生に、みな1つずつ、いま抱えている、考えている疑問を伺うことができました。

 

私は講演にも登場した、超ロング閉塞(例えばMCAからICAすべての閉塞)の血栓回収法についてお聞きしました。

 

先日同様の経験をしたためです。

 

次に活かせるお話を伺うことができました。

 

本当に楽しく、あっという間の時間でした。

 

発起人の山上先生、ありがとうございました。