BLOG

ブログ

  • 管理者より
  • 2016.09.17

病院見学

昨年、栗城が国内留学でお世話になった国立循環器病研究センター 脳神経内科から、阿部宗一郎先生が病院見学にきてくれました!

 

当日は、頸動脈ステント留置術(CAS)、脳血管造影にも一緒に入ってもらいました。

さらにはCAS中に来た脳卒中救急搬送の診療にも参加、空いている時間に病棟にも足を運んでいただき、うちの神経救急診療の現場を存分に体験してもらいました。

 

偶然にも?ハードな1日となりましたが、その分しっかり楽しんでいただけたようです。

 

ご見学ありがとうございました。

 

阿部先生はまじめで真摯であるのみならず、積極的で、若手ながらも今後をしっかり見据えていらっしゃると感じました。

 

さすが、天下の国循レジデントさんです。

うちの同世代のスタッフも、大変刺激を受けていました。 

 

阿部先生は、脳血管障害のみならず、神経救急全般にも興味をお持ちで、充実した見学ができたと喜んでくださいました。

こちらとしてもうれしい限りです。

 

うちのような神経救急に興味を持ってくれる若手が神経内科医にどんどん増えていってほしいですね。

 

病院見学はこちらも大きな刺激を頂ける重要な機会です。

 

もちろん顔見知りでなくても大歓迎ですので、気軽にお問い合わせからご連絡ください。 

 

ご連絡お待ちしております。