BLOG

ブログ

  • 管理者より
  • 2016.07.30

カテーテルハンズオンやりましたよ!

予定通り7月16日に脳神経内科カテーテルハンズオン開催しました

実に21名もの方々が集まってくれました。

 

脳血管センターの若手医師はもちろん、研修医、医学生さん、看護師さん(師長さんまで!)、薬剤師さん、更には普段レセプトなどでお世話になっている事務さんまで!

 

ありがたい限りです。

まずは例年通り、放射線技師の安田さんから、放射線被曝について実際のセッティングにおける被曝を測定しながらレクチャー頂きました。

 

 

被曝は絶対に軽視してはいけませんが、過度に恐れるものでもありません。

それを十分に理解することから始める。

いつもそこから始めています。

お蔭でみなさん上手に防護できるようになっていました。

実際の現場でも活きてくると思います。

 

そして3つのグループに分かれ、透視を使って動脈瘤コイル塞栓術、同じく透視を使ってのステントリトリバーによる血栓回収術、目視下での頸動脈留置術(CAS)を全員に体験して頂きました。

 

 

どうですか!真剣なまなざしでしょ!?

 

他の参加者もみな真剣に取り組んでくれました。

みなけっこうスルスルと上手に治療しており、普段治療している私の立場が…

 

何はともあれ、我々のしごとに楽しみながら触れてくれたことで、現場での相互理解がますます高まったと感じました。

 

最後の総括では、来年とは言わず、今後も頻回に開催してほしいという嬉しいお言葉まで頂きました!

 

頻回には大変ですが、少しでも期待にお応えできるようがんばります。

 

 

最後に

ご協力頂きました放射線部の方々、ストライカーの方々、ありがとうございました。