BLOG

ブログ

  • 学会の活動
  • 2018.05.14

WLNC2018

World Live Neurovascular Conference、いってきました!

 

といっても、神戸ですが。

 

でも、その内容はまさに世界クラス!

 

もう動脈瘤なんて、ほとんどコイルつめてません。

 

頭蓋内にもばんばんフローダイバーター置いちゃって、「WEB」みたいな新しい形の塞栓デバイスを置いちゃって、おしまい。

 

日本ではフローダイバーターが使える施設もまだまだすくないのに。

 

従来の血管内治療ではやりにくいMCAの動脈瘤なんかも、簡便に塞栓出来ちゃって、動脈瘤治療はなんか時代がまたひとつ変わったんだなって感じました。

 

治療が簡便に、安全になってゆくのは、我々にとっても、患者さんにとってもhappyなことですね!

 

日本でもこんな風に使える日が早く来ることを願っています。

 

そして、私の大事な目的の1つである、日本ではまだ使用できないステントリトリバーを触ってくることもできました。

 

制約上、詳細は述べられないのが残念ですが、言えることは、こちらもまさに「次世代」。

 

血栓や血管について考え抜いて作られている、プロのデバイスだと感じました。

 

虚血の業界もまだまだ先が楽しみです。

 

いま使えるデバイスをより有効に使えるよう、日々精進しつつ、新しいデバイスが使える日を待ちたいと思います。