BLOG

ブログ

  • スタッフから
  • 2018.11.13

Medtronic Innovation Center でハンズオン!

小室 浩康

こんにちは、小室です。

 

市場が職場の近くに移転したこともあり、一般公開に合わせ朝食を食べに行ってきました。

 

江東区ならではの新しい建物という印象。

 

医局員で市場モーニングをしてから出勤するという、イベントを思いついた今日この頃です。

 

さて、去る文化の日、川崎のMedtronic社のラボで、血管モデル(EVE)を使用したカテーテルハンズオンがありました。

 

栗城先生にお留守番していただき、医局員みんなで参加してきました。

 

普段デバイスを触る機会がないので、今日はたくさん触るぞと思って参加致しました。
 
内容は、血栓回収とコイル塞栓術の2部構成。

 

やってみるとやはり難しい...

 

(上げようとしてもなぜか落ちる)

(血管が選べない)

(血栓はどこだ?)
 
治療医の皆様は、切迫した状況下で、このような手技をしているのか。

 

頭が下がります。
 
しかし一方で、練習さえすれば案外できるようになるのでは、というのが率直な感想でした。

 

血管内治療は選ばれた人にしかできない」なんて勝手に思っていましたが、他の分野と同じようにそんなことないんだと思います。
 
いつの日かうちでも、専門医ではない私たちが、

 

「ガイディングあげておきます」

 

と言う日が来るかもしれませんね。

 

血管内治療医志望ではない自分ですけれども、また参加したいと思った次第です。
 
打ち上げもたくさん笑って、たくさん語って、楽しい1日でした!

 

 

<管理人追記>

 

夏にも院内でハンズオンをやっていますが、参加者みなさんのおもてなしで当日医局員は大忙し!

 

実は医局員はまったくハンズオンできてきません。

 

なので今回は、センターの医師、入局希望者の数人だけでハンズオンをしてみました。

 

みなさん、自分のレベルに合わせて、思い思いの手技を練習してました。

 

よい企画でしたので、来年も行いたいと思います。

 

メドトロさん、ありがとう&来年もお願いします!